咲いとう!ブログ

またまた長らくお待たせしました。このコーナーの2組目が登場です。
今回は、楽園ブログ立上げ直後あたりにご縁があって知り合った理学療法士さん。
彼女がパートナーの方々と9月9日に法人を設立され、9月23日に設立記念セミナーを開催されます。



女性の健康のために、理学療法や医学を極めたプロが強力タッグを組んだんだそうです。
代表の井ノ原さんはとってもユニークでパワフル、PTAも頑張っちゃうお母さんでもあります。
周囲にも魅力的な女性がいっぱいだそうで、今後のご活躍がとても楽しみです!!
法人名はWiTHs(ウィズ)。 ぜひ皆さんで応援して参りましょうっ!





☆日時
 平成25年9月23日(月・祝) 10時30分~15時30分

☆場所
 東灘区民センター8階 会議室1(JR住吉駅直結 徒歩約1分)
  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/higashinada

☆会費 :2000円

☆プログラム

 10時00分~10時30分  :受付開始

 10時30分~10時40分  :開会式
   座長 瓜谷 大輔(理学療法士,一般社団法人WiTHs理事,畿央大学)

 10時40分~11時10分  :講演①
   一般社団法人WiTHs設立について
   ~Women’s health に対するhealth professionalの潜在力~
   井ノ原 裕紀子(理学療法士,一般社団法人WiTHs代表理事,Her’s) 


 11時15分~11時45分  :講演②
   産前産後のリハビリテーションに関する国内外の動向
   森野 佐芳梨(理学療法士,京都大学大学院医学研究科修士課程)


 11時45分~12時45分  :昼休み

 12時45分~13時15分  :講演③
   思春期の女性に対して医療専門職とできること
   安村 明子(理学療法士,神戸総合医専門校)


 13時20分~13時50分  :講演④
   マタニティ歯科というアプローチ
   山下 真有美(歯科医師,りりあ堂院長)

 
 13時55分~14時25分  :講演⑤
    Health professionalとして働く女性のキャリアデザイン
   荒木 智子(理学療法士,一般社団法人WiTHs理事,了徳寺大学)


 14時25分~14時50分  :Tea break 参加者交流

 14時50分~15時30分  :シンポジウム
   Women’s healthに対するhealth professionalsの持つ可能性

 15時30分  :閉会式

託児サービスも受け付けておりますので、お子様連れでも安心してご参加いただけます。
皆様のお越しをお待ちしております。






↓ ↓ ↓ facebook ページより抜粋  ↓ ↓ ↓ 

WiTHsでは女性の【生涯を通じた】サポートを念頭に、そのライフステージごとに【思春期】【自立期】
【中高年期】と分けながら一生という連続性を重視し、各ステージにおいて特に問題とされるテーマを
主体として、改善・解決の取り組みを行っていきます。
また、各ステージは、単純に年齢で区切ることが難しい点、個人差が大きく影響する点を考慮し、
より現実的な取り組みを行う為に、独自の定義を考案しています。

§思春期
『主に10代、第二次性徴発現前(小学校中学年頃)から、成人頃までの時期。誤った知識を吸収して
しまう前に、適切な理解を促したいことと、身体と精神の成長のバランスの不安定さを見守る為、
敢えて広範囲の年代と位置付ける』

§自立期
『一般的に認識されている「産前産後」を中心に、精神的・身体的・社会的に、妊娠・出産が可能と
見込まれる、また希望する年代と位置付ける』

§中高年期
『閉経前後に見られる、心身における変化(不定愁訴)が顕著な時期を更年期と定義し、それ以降の
生殖機能が終了すると考えられる年代と位置付ける』





【思春期】においては、将来の妊娠・出産・さらにその後を見据えた、健全な生活の啓蒙を目的とし、
教育的活動が中心となります。また、同年代の男子や保護者も対象となります。

【自立期】においては、近年の晩婚化、初産年齢の高齢化に見られるように、ライフステージの
多様性が明らかなことに配慮し、大きく「妊産婦」と「非妊産婦」とに分けています。
妊娠に必要な情報の提供や身体作り、また妊娠・出産に伴う心身の変化への対処を、医学的・
社会的にアプローチしていきます。特に、現代の特徴とも言える「非妊産婦」に対しての、生物学的な
生殖活動についての意識の啓蒙も課題としてそれぞれの対象者に関する問題点の認識や必要な
情報の提供なども行っていきます。

【中高年期】においては、生活習慣病や骨粗鬆症、更年期障害に対しての予防や啓蒙を含め、
同時に介護予防としての身体的生活力の向上も目標とし地域における集団への運動療法を
用いたアプローチから、個別の相談・指導による対応を行います。

前述のような活動を行うにあたり、適切な知識や技術を備えた専門家を1人でも多く世に送り出す為に、
専門家育成を目的としたセミナーの開催も行っていきます。
さらに、学術担当を設置し、エビデンスに基づいたサービスの提供を推進していきます。
勉強会の開催や、関連職種・団体、他地域とのネットワーク作りを進め、情報交換と交流の機会を持ち
相互協力のもと、研究活動にも意欲的に取り組みます。

『女性が元気だと、社会も元気』と言われるように、すべての年代のすべての女性が、心身共に健康で
自分らしい人生を送るサポートを行うことを最大の目的とし健全な社会づくりへの貢献に尽くすと同時に、
理学療法士としての可能性を体現していける組織作りに腐心して参ります。





Posted by 咲いとう!ブログ スタッフ at 01:58 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

咲いとう!マップ

勝手に認定させていただくので認定者のエリアはバラバラですし、記事の順番にも規則がありません(笑)。「地域」を限定して見たい場合はコチラからどうぞ!
マップを見る
カテゴリー